プロフィール

須山 太助

Author:須山 太助
勤務地:三愛会総合病院 泌尿器科
:埼玉県三郷市彦成3-7-17
TEL/048-958-3111)


→プロフィールの詳細はこちら

→Facebookページはココをクリック

→Twitterはココをクリック

【今日の一冊 一覧】

最新記事

最新コメント

月別ブログ

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

フリーエリア3

当ブログの閲覧者数

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140208



今日はどうやら関東も大雪のようですが、そんなことは僕には関係なく、今日も外来、そして病棟管理をし終わったところである須山です。
いま、外をみたら結構すごいことになってますね。僕の車は雪に埋まっております…。
ま、いっか。

さて、僕は今年に入ってからも相変わらず栃木の病院に手術見学に行ったりしております。また、昨日は某所で講義をしてきました。
講義っていうのは、とても勉強になるんですよね〜、する側が…。今回は排尿障害の薬についての講義だったのですが、事前準備をすることで、僕自身もずいぶん勉強になりました。また、昨日はみなさんすごく熱心でバンバン質問が飛んでくるしでとても楽しく講義をさせていただきました。

来月も講義が入っているのでその準備と、4月にある国内学会と国際学会の準備をしなければいけないので、このブログのデザインなどをもう少しいじりたいところではあるのですが、そんなことをやっている場合でもなさそうです(汗)。

そんなわけで、今日は28℃に設定しても全然暖かくならない某病院の医局からブログを配信いたします。

【今日の一冊】

人生を豊かにする50の道話人生を豊かにする50の道話
(2013/01/17)
北山顕一

商品詳細を見る


これは、たまたま出会った本なのですが、心に響くエピソードが盛り沢山です。
一節だけご紹介しましょう。
鋼鉄王として名高いアンドリュー・カーネギーの言葉です。
彼は、カーネギーホールを作ったことでも有名ですが、スコットランドで生まれ13歳の時にアメリカに移住、
電報局のメッセンジャーや電信技手などの仕事に従事していましたが、ある時、鉄道の通る木製の橋が火災で焼失したのを知って、これからは鉄橋の時代が来ると予見したのです。そしてその後鋼鉄王になるのですが、そんなカーネギーにある日友人が
「若い時から君は今日のような成功を予期していたのか」
と聞かれ、
「いや、とんでもない。自分は電報局時代は全米一のメッセンジャーに、電信技手のときは全米一の電信技手になろうと心がけて努力してきただけだ」
と言ったとの事です。

どうですか?この言葉。僕は思わず唸ってしまいまいした。
それでは。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。