プロフィール

須山 太助

Author:須山 太助
勤務地:三愛会総合病院 泌尿器科
:埼玉県三郷市彦成3-7-17
TEL/048-958-3111)


→プロフィールの詳細はこちら

→Facebookページはココをクリック

→Twitterはココをクリック

【今日の一冊 一覧】

最新記事

最新コメント

月別ブログ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア3

当ブログの閲覧者数

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開講座

5/28はいよいよ公開講座です。

今まで僕は、医師に対して、または業者さん(製薬会社など)に対して講演する機会はありましたが患者さん向けの講演会は初めてなので、使う言葉・話し方含め悩んでおります…(汗)

今回は、「老若男女を対象にして」というサブタイトル通り、全世代にわたって啓蒙させていただくつもりなので、どうしても広く浅くになってしまいます。

少し話が逸れますが…
このブログの読者の方からもコメントを頂いたのですが、”患者さんは医学情報を知りたい。でも、知る場がないのではないでしょうか?(大きな病院ほど3時間待ち、3分間診療というのは当たらずといえども遠からずです…。僕らもゆっくりと説明したいのはやまやまなのですが、限られた時間の中でやりくりするにも限界があります…)”。ましてや自分が病気であったならば、その病気の事を深く知りたいのは当然のことでしょう。しかしながら、ウェブ(インターネット)上で、氾濫する医学情報の中から正確で大切な情報を入手するというのは我々医師でも簡単なことではありません。

ということは、、、現状では、患者さんはセカンドオピニオン外来を使うしかないのでしょうか???

当院は今のところ比較的すいていますが、いづれ患者さんが増えてくると思うので(…増えてほしい、という願望も込めて!)その際は説明が十分できないという問題にもぶつかるでしょう。
僕は、今まで説明に時間のかかる(かけるべき)患者さんは外来の一番最後、または、専用の時間を作っていましたが正直それにも限界があります。

結局解決してませんね。ま、そのような状況になったら考えるとしますか。何かいい案があったらご教示ください。

話は戻りますが…
今のところ公開講座参加希望者様は20名強とのことです。50名は固いと思っていたのですが浅はかでした。人に”何かに興味を持っていただく事”の難しさを痛感しました。ただ、これだけ人口が多い三郷市ですので徐々にでもより多くの方に
「病気の早期発見のメリット」
を認識していただきたいと思います。

5/28の内容は後日”たぶん”講演に参加しない方にも資料でお渡しする、または、ダウンロード可能にすることになりそうですが、講演では、皆様に週末の貴重な時間を割いて来て頂く以上、資料では伝わりにくい部分を、そして、内容を噛み砕いてお話ししようと思っています。それから、僕自身も楽しんでお話しさせていただきたいと思っています。

まだ、話す内容に熟考を重ねている最中ですが、当日はどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

<< 摘出標本は無言の教科書 | ホーム | 前立腺がん検診(PSA検診) >>


コメント

公開講座お疲れ様でした。
専門医の生の声が聞けることはとても勉強になります。
Lamm博士調べてみました。
英語はなかなかきついですが、ゆっくり読んでみますね。

Re:

ご参加ありがとうございました。
そう言っていただけるとやった甲斐があります。
新しい医療情報はほぼ英語です。しかも、専門でない方が論文の本質を見抜くにはかなりの苦労があると思います。我々でも楽なことでは無いので…。また、何かありましたら何なりと…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。