プロフィール

須山 太助

Author:須山 太助
勤務地:三愛会総合病院 泌尿器科
:埼玉県三郷市彦成3-7-17
TEL/048-958-3111)


→プロフィールの詳細はこちら

→Facebookページはココをクリック

→Twitterはココをクリック

【今日の一冊 一覧】

最新記事

最新コメント

月別ブログ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア3

当ブログの閲覧者数

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の三愛会 泌尿器科 2011.06.30


先週の手術は水曜日に3件、今週は今のところ今日の2件のみ。
と言ってもと言ってもすべて終わり患者さんが病室に戻ったのは18:30過ぎ。
なんだかんだ言って8月の手術もそれなりに入ってきた。もう少し外来患者さんが増えてほしいものだ…。
 

<今週の医療ニュース>
≪≫は僕の解説

●尿路結石にCa拮抗薬とα遮断薬が有効
(本論文の原題は「Medical therapy to facilitate urinary stone passage: a meta-analysis」)
≪今日も暑かったのでまた尿路結石ネタで≫

Ca拮抗薬やα遮断薬が、尿路結石の排出を容易にすることが、無作為割付比較対照試験を対象にしたメタ分析の結果、明らかになった。結石排出までの時間が短縮するほか、痛みの出現が減少し、鎮痛薬の使用頻度が減るという。尿管平滑筋に存在するカルシウムポンプとα1アドレナリン受容体にこれらの薬剤が作用し、平滑筋を弛緩させて結石の排出を促すためと考えられている。米ミシガン大学のJohn M Hollingsworth氏らがLancet誌2006年9月30日号に報告した。

≪これ、5年前の論文ですよ。ヨーロッパののガイドラインには勿論記載されています。日本のガイドラインには記載されていませんし、Ca拮抗薬やα遮断薬は尿路結石症では保険が通ってません…。というか、今調べてみたら日本の尿路結石症診療ガイドラインは2004年以降改定されてないみたいですねー。≫

●75歳以上でも4人に1人が「性的に活発」
男女ともに約半数が性的問題を抱える

≪性機能専門医でもあるのでこんなネタも≫

高齢者の性的活発さは、年齢や健康状態によってどのように変化するのだろうか。米国における高齢者のセクシュアリティに関する大規模調査の結果、75歳以上でも4人に1人が性的に活発であるが、一方で約半数が性的問題を抱えていることが明らかになった。米国Chicago大学のStacy Tessler Lindau氏らの報告で、詳細はNEJM誌2007年8月23日号に掲載された。

≪え???、と思うかもしれませんが、これは超一流誌(NEJM誌)に載った論文なのです。だから、前立腺癌の手術でも積極的に神経温存をすべきだと思い、やっております。≫
スポンサーサイト

<< 今週の三愛会 泌尿器科 2011.07.09 | ホーム | ご報告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。