プロフィール

須山 太助

Author:須山 太助
勤務地:三愛会総合病院 泌尿器科
:埼玉県三郷市彦成3-7-17
TEL/048-958-3111)


→プロフィールの詳細はこちら

→Facebookページはココをクリック

→Twitterはココをクリック

【今日の一冊 一覧】

最新記事

最新コメント

月別ブログ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア3

当ブログの閲覧者数

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナウンス


ブログを移転いたしました。
今後ともよろしくお願い致します。

移転先のURLは www.taisukesuyama.com です。
スポンサーサイト

20151010


先月もブログの更新をサボってしまった須山です。何故だかは覚えておりません…(汗)。
あ~、先月は他院から著名な先生方に手術の指導に来ていただいたので、記事のネタはたくさんあったのに〜。残念!

さて、先週は某社主催の第一回TUL研究会(TUL:経尿道的尿管結石破砕術)で発表させていただき、また、非常に勉強になる講義を聴いてきました。今後、当院のTULの質も更に上がること間違いなしです!(笑)

 さてさて、今日はこれからEAU(欧州泌尿器科学会)の抄録の準備です。このEAUは泌尿器科領域の学会では現在一番採択されにくい学会と言われているので気合を入れて準備したいと思います。
そして、また学会ブログ(http://goo.gl/jp3QcW)が書けるといいなぁ。

※Twitterの方もほそぼそと続けているので宜しくお願いしま〜す(https://twitter.com/urosuyama

【今週の一冊】

この本は知人に勧められて購入した本ですが、当たり!
日本人として生まれてよかった、と思える一冊です。
そう、日本人は「義」と「剛気」の民族ですよね。。。

20150808


酷暑が続きますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

熱中症に関して環境省からこんな情報が出ておりますのでお時間のある時にご一読ください( http://goo.gl/qm7KnX )。熱中症の応急処置も載っています(http://goo.gl/q8iEEj)。

僕は今、午前の外来が終わってから1時間昼寝をし、某ブロガーの記事を約1年分一気読みし、おやつを食べながらこのブログを書くという、久しぶりに平和な(?)昼下がりを送っております。

最近はジムでのトレーニングをサボり気味でしたが、来週から最低2回/週を復活させる予定でおります。

しかし、最近のコンビニのアイスコーヒーは美味しいですねぇ〜。

【今日の一冊】

このまんがは万人に一読の価値があると思います。
既に廃盤になっていますがamazonでは中古で買えるようです…。

以下、本書の概要をwikipedia(https://goo.gl/ErTF7i)から抜粋
ーーー

いわゆる偉人伝であるが、本来ならその業績を正当に評価されるべき人物・組織が、様々な理由から、
・現在では正当な評価をされず歴史の影に埋もれてしまった
・現在では評価はされているものの、当時は全く評価されなかった
・現在のみならず、その人物の存命中にすでに高い評価をされていたが、その当事者達を取り巻いていた厳しい状況
などを、それまでの偉人伝とは異なった手法で取り上げた。

ーーー

これだけみても面白そうでしょ?




こちらは一部抜粋編

20150719


神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎先生のブログ ( http://goo.gl/1piYsQ ) からの転載です。
少なくとも僕は「なるほどなぁ」と思ったので(僕も "一応" ICDです(ICD=Infection Control Doctor))、岩田教授の許可を得て転載させていただきます。

学生さんのレポートというところもポイントです。
僕が医学部6年生の頃、オーストラリアで研修を受けた際も、同僚の学生達は「I am a student doctor.」と前置きした上で患者さんの診察をし、医師と同じ研究会に普通に参加していたのを思い出しました。


ーーー
カテーテル関連血流感染症(CRBSI)の診断におけるカテーテル先端培養の意義

注意! これは神戸大学病院医学部5年生が提出した感染症内科臨床実習時の課題レポートです。内容は教員が吟味し、医学生レベルで合格の域に達した段階 で、本人に許可を得て署名を外してブログに掲載しています。内容の妥当性については教員が責任を有していますが、学生の私見やロジックについてはできるだ け寛容でありたいとの思いから、(我々には若干異論があったとしても)あえて彼らの見解を尊重した部分もあります。あくまでもレポートという目的のために 作ったものですから、臨床現場への「そのまま」の応用は厳に慎んでください。また、本ブログをお読みの方が患者・患者関係者の場合は、本内容の利用の際に は必ず主治医に相談してください。ご不明な点がありましたらブログ管理人までお問い合わせください。kiwataアットmed.kobe-u.ac.jp まで



カテーテル関連血流感染症(CRBSI)の診断におけるカテーテル先端培養の意義

CRBSIは院内感染症の14%を占めており、その大半は中心静脈カテーテル関連のものであると言われている。おもに刺入部の皮膚細菌叢がカテーテル外側を先端部まで移動することにより、通常挿入後1週間以内に起こるものとされている。CRBSIは、血管内カテーテルを挿入されている患者で、カテーテル挿入部の外見や、他に原因のない発熱または菌血症の存在を根拠に疑われる(1)。

カテーテル先端の培養方法には、定性と定量の2種類の方法がある。定性培養は菌が生えた時点で陽性と判断するものであり、一方で定量的な培養は培養で生じたコロニー形成単位(cfu)の値がある値を超えるときを陽性と判断するものである。定量的な培養は半定量培養と定量培養に分類され、それぞれカテーテルの先端部を血液寒天培地上で4回以上転がす方法(Roll plate法)、カテーテル内腔を洗い流すもしくは超音波処理する方法(sonication法)(2)であり、違いは培養検体としてカテーテルの内腔を含むか含まないかである。

 CRBSIの診断は、末梢血血液培養(できれば別々の部位から採血した2セットの培養)と血管内カテーテル先端の半定量または定量培養で、同じ微生物種が検出されることによって確定される(1)。IDSAによるCRBSIに関するガイドラインによると、カテーテル先端部5cmでの半定量培養にて、15コロニー形成単位(cfu)以上が確認されることもしくは、定量培養にて100cfu以上が確認されることにより、カテーテルへの菌の定着が証明できるとされている(2)。

Makiら(3)による半定量培養と定性培養を比較した論文では、半定量培養が陽性となった25本のカテーテルのうち、4本のカテーテル(16%)で菌血症を引き起こしていた。またカテーテル関連でない菌血症を引き起こした37本のカテーテルの半定量培養ではすべて陰性となり、CRBSIの診断として特異度が100%と示されている。また、この論文で検討された250本のカテーテルのうち、49本が定性培養のみで陽性となったが、その中で菌血症を起こしたものは存在しなかった。

また、Dennis Jら(4)による定量培養と定性培養を比較した論文では、定性培養で陽性となった46本のうち定量培養でも陽性となったのは24本(52%)のみであった。菌血症が判明した13例ではすべて定量培養が陽性となっており、定性培養のみが陽性であったものでは菌血症は見られなかった。

さらに、NasiaらによるMeta analysis(5)では、CRBSIの診断においてカテーテル先端の定性培養は感度90%と最も高いとされているが、特異度は72%と最も低く、診断において有用とは言えない。半定量培養では感度85%、特異度82%、定量培養では感度83%、特異度87%と、それぞれある程度信頼性の高い検査方法と考えられた。 

以上のことより、カテーテル先端の培養は、定量培養法、半定量培養法を行うことでCRBSIの診断的意義を持つが、定性培養はあまり意義を持たないと考えられる。CRBSIの診断において最も重要なのは血液培養であるが、カテーテル先端培養を提出する際は、定量培養を行っているかどうかの確認を事前に行うことが大切である。



【参考文献】

(1) ハリソン内科学 第4版p.975

(2) Leonard A. Mermel, et al. Clinical Practice Guidelines for the Diagnosis and Management of Intravascular Catheter-Related Infection: 2009 Update by the Infectious Diseases Society of America CID 2009;49 1-45

(3) Maki DG, et al. A semiquantitative culture method for identifying intravenous-catheter-related infection. N Engl J Med 1977; 296: 1305-9

(4) Dennis J, et al. Quantitative Culture of Intravenous Catheters and Other Intravascular Inserts. J Infect Dis 1980; 141: 781-6

(5) Nasia Safdar, et al. Meta-Analysis: Methods for Diagnosing Intravascular Device-Related Bloodstream Infection. Ann Intern Med. 2005; 142: 451–466

20150711


最近、またバタバタしておる須山です(ま、高が知れたバタバタです…)。
先月のブログは、埼玉地方会の運営業務のために更新をお休みすることを書こうと思いながら忘れておりました。
と言うか、実は記事は書いていたのですが投稿するのを忘れておりました。
気づいた時には、内容が古くなっていたので投稿を断念したというなんともマヌケなわたくしです…。

Twitter (https://twitter.com/urosuyama)の方は、気が向いた時に面白いなぁと思った情報などをRe Tweetしておりますが、まだ100もツイートしておりません…。(以前から使っているアカウントの方も5年位で1000ツイート位なので、全く期待できませんが。)
内容は医学系は少なく、僕の興味のあるテクノロジー系が殆どです。
そういえば、先日Re Tweetしたこの記事( http://goo.gl/dshws2 )は今もとても気になっております。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて医療の世界も凄いスピードで進歩する気が僕はしております(∵テクノロジーの猛進)。

いや~、楽しみだぁ〜。
僕も何か面白いことがやりたい!
外科領域はウェアラブルデバイスと何かの融合かな…

【今日の一冊】



今月は完全に医療関係者(というよりも医師)向けにおすすめの本になってしまい恐縮ですが、
これは医師全員に一読の価値があると思った本なので紹介いたします。
医療関係以外の方も医学界の実情が垣間見れて面白いかもしれません。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。